【保護者向け】
講演

中学・高校時代の多感な時期。親として、どう子どもたちとコミュニケーションを図れば良いのでしょうか? 急激に押し寄せる社会のデジタル化、ネット・スマホ依存、人間関係の希薄化など、親自身が体験したことのない世界が日常化し、戸惑いや不安に駆られる親御さんが急増しています。一方で、モンスターペアレントと揶揄されるように、子どもへの歪んだ愛情も問題視されて久しくなります。我が子とのコミュニケーションにおける具体的な対処策をお伝えしつつ、親としていつの時代も変わらない普遍の教育とあるべき愛情について再確認します。 

【概要】

時間:50~60分 
人数:~上限なし 
場所:ホール、講堂、体育館など 

【お奨めポイント】

現場の声が常時耳に入る環境下にいます。全国の学校をこれほど訪れた経験を持つ者は、稀有と自負します。先生方が置かれている環境、親御さん方が抱える悩み、それぞれの立場から様々な声が聞こえてきます。ときに、教師と親の意見が対立する場面に遭遇しますが、最も大切なことは子供の成長です。『子供の成長』を視座に、大人として何をし何ができるのか。机上の空論ではなく、現場感覚で話を進めます。