【生徒向け】
コミュニケーション能力育成

全6回で完結します。前半は、思春期の複雑な人間関係の中で自分を見失わず、これから立ち向かう様々な困難に打ち勝つ心の強化を行います。周りに自分がどう写るかではなく、自分がどうありたいかという自分への問いかけを重ねることにより、自分への自信・自己肯定感を育む内容です。 
後半は、デジタル社会の到来により急速に低下しているアナログ(対面)コミュニケーション力を強化する内容です。(通称:実践コミュトレ) 
 第1回 ◇自己対話を確認し、自分の心が快か不快かを知る。 
 第2回 ◇自己対話を深め自分を理解する。不快な原因を確認する。 
 第3回 ◇不快な気持ちを鎮める。 ~姿勢改善~ 
 第4回 ◇不快な気持ちを鎮める。 ~動作・認知・脳のしくみ~ 
 第5回 ◇自分の気持ちを効果的に伝える。相手の気持ちを理解する。 
 第6回 ◇アサーティブな自己表現を学ぶ。 

【概要】

時間:1回45~50分(1時限) *6回で完結します。 
場所:教室 
講義・ワークショップ形式 

【実施例】

2か月に一度のペースで6回実施。1年で終了 
1か月に一度のペースで6回実施。半年で修了 
春・夏・冬季休暇中に6回実施。 

【お奨めポイント】

受講生徒からの満足度が極めて高いプログラムです。(すべての学校において満足度評価5段階中、「5:大変満足」が9割以上)。大学生向けに開発した15回完結講座内容を、中高生向けにアレンジしました。「英語」「国語」「総合学習」「学校設定科目」を充て、当初は12回完結から始めました。しかし、12時限の確保は学校側の負担が大きいため、最重要ポイントに絞り6回完結に改良しました。
自信が持てない、交流が苦手といった生徒たちから、「この授業が自分の支えだった」「この授業で自分の人生が変わった」「自分に自信と希望が持てるようになった」など、毎回トレーナー冥利に尽きる言葉をもらいます。